防衛法研究 第31号(2007年・防衛法学会編)

特集 国際安全保障の法的諸問題

jsdl31

定価=2,100円(税込)
A5判並製、全304ページ

10月5日発売

目次
・国際平和協力活動と国家の責任(高井 晉)
・海戦における機能的目標選定の確保をめぐる目標識別上の諸問題(浦口 薫)
・我が国の犯罪論から見たICC規程における抗弁(田中 誠)
・事態対処法の一考察(小針 司)
・憲法論議の動向とその背景(長須賀明彦、橋本靖明)
・日本のインテリジェンス機能強化を巡る政策決定過程(丹羽文生)
・武器を携帯する権利と民兵[米国](青山武憲)
・アメリカ合衆国における「戦時の」憲法と適正手続の保障[二](山中倫太郎)
資料 安全保障関係年表(眞邉正行・編集部) その他