秋らしい日が続くようになりましたね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、新刊のお知らせです。
すでに厚生ニュースでお知らせをしておりますが防衛法研究第41号が入荷しました。
年に1度発刊される防衛法学会の学会誌です。

通常税込定価2,376円のところ、組合員価格2,130円でのご提供です。

店内にはバックナンバーのリストもご用意しておりますので、ご利用ください。
お探しの号があればお声がけください。


防衛法研究第41号(2017年)
防衛法学会 編/A5判/全240頁

特集 新たな国際平和支援のあり方
◎冷戦後の国際平和協力法制 ―歴史・現状・課題―
                                 田村 重信(自民党政務調査会審議役)
◎国際平和活動の潮流と日本の国際平和協力法制 ―平和安全法制の整備に至る議論を踏まえて―
                                            山本 慎一(香川大学法学部准教授)

◎多国籍間協力と民軍連携
                                            佐藤 克枝(元陸上自衛隊小平学校)

◎治安部門改革における「ハイブリッドな平和」への課題 ―「ローカル」と外部アクターの役割―
                                            田中(坂部)有佳子(青山学院大学国際政治経済学部助教)

    論  説
◎グローバル化時代における国際法による安全保障の現状と課題
                                            田中  誠(防衛大学校防衛学教育学群国防論教育室教授)

◎集団的自衛権再考
                                           能勢 伸之(フジテレビ報道局上席解説担当役(防衛・安全保障担当))

◎自衛権を立法化することの意味とは ―国会の関与の意味するもの―
                                            上原  広(衆議院議員政策担当秘書)

◎憲法9条と安全保障 ―憲法改正の方向性について―
                                            安保 克也(大阪国際大学)

◎イスラーム法から見るイスラーム過激派と日本の対策
                                            野村 明史(拓殖大学海外事情研究所助手)

    [研究ノート]
◎"軍法会議"の今昔 ―その設立を語る前に―
                                            佐々木憲治(衆議院議員政策顧問)

    資  料
△安全保障関係法令制定改廃一覧表
                                            眞邉 正行(軍事法制専門家)


【新刊のご案内】『防衛白書 平成29年版』

夏も終わりが近づいてきましたね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
売店担当は、気温が下がってきてほっとしています。
今年の夏も暑かった...。
あと少し、熱中症等に気を付けて乗り越えましょう。

さて、新刊のご案内です。

今年も『防衛白書』入荷の時期がやってきました。
防衛省のHPではすでに公開されていますね。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

書籍版については、売店での発売は9月1日(金)の午後の予定となっております。
入荷自体は午前の予定なのですが、時間が確定しないため、午後以降のご来店をお勧めいたします。
税込定価1,371円のところ、組合員価格1,200円でのご用意です。

ご予約、お取り置き等承りますので、お申し付けください。
ご連絡は内線35941へお願いいたします。

みなさまのご来店をお待ちしております。



お久しぶりでございます。
ずいぶん間が空いてしまいました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ここ数日で暑さが厳しくなってきましたね。
熱中症等に気をつけてまいりましょう。
今年の七夕は珍しく晴れ模様のようで、今日の帰り道の空が楽しみです。

さて、新刊のご案内です。

国際安全保障第45巻第1号
国際安全保障学会/A5判/全148頁

【特集:オバマ外交の遺産】
オバマ外交とはなんだったのか 中山 俊宏

オバマ政権の同盟政策――相対化の逆説的効果 石川 卓

オバマ政権期における国防組織改編の模索――国防イノベーションの組織的側面 森 聡

オバマ政権とテロとの戦争――「国家機密特権」と「標的殺害」を中心に 梅川 健

オバマ政権下における紛争介入政策の検証――介入と不介入の狭間で 西住 祐亮

【自由論題】

FEMA(連邦緊急事態管理庁)の創設――米国のAll-Hazardsコンセプトに基づく危機管理組織再編 伊藤 潤

【研究ノート】

フォークランド諸島の防衛をめぐるイギリスの政策 篠﨑 正郎


【書評】

新垣 拓 著
『ジョンソン政権における核不拡散政策の進展と変容』 友次 晋介

篠田 英朗 著
『集団的自衛権の思想史――憲法九条と日米安保』 笹島 雅彦

Stanley R. Sloan, Defense of the West: NATO, the European Union and the Transatlantic Bargain 鶴岡 路人

Dmitri Trenin, Should We Fear Russia? 兵頭 慎治


すでに厚生ニュースでお知らせしております、国際安全保障学会の学会誌です。
オバマ大統領が退任してもうすぐ半年となりますが、オバマ政権について振り返った論文をぜひ拝読ください。

それはそうと、Yahoo!とgoogleで「トランプ」と検索をかけるとトップにくるのは現職のアメリカ大統領氏についての記事なのですが、
BingではカードゲームのHPとなるのを発見しました。
検索エンジンで違うものなのですね。


所沢航空記念公園

防衛医大での打合せを終えた営業担当は、
普段は本社目指してまっしぐらですが、春の日差しに誘われ、僅か公園へ足を踏み入れました。

駅東口付近には、戦後初の国産旅客機「YS-11」が展示されており、「日本の航空発祥の地」であることが示されています。

2017041813590000.jpg


2017041813570000.jpg


県営公園としては県内最大規模で、日本庭園や野外ステージ、アスレチックなど見どころや施設が豊富だそうです。
みなさんもゴールデンウィークのお散歩にいかがでしょうか。





桜が満開ですね!
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
売店の人は先週末にお花見をしました。

さて、新刊のご案内です。
1点目。

国際安全保障第44巻第4号  国際安全保障学会/A5判/全134頁

【特集】安全保障理論の新たな地平

序論――安全保障理論の新たな地平
                   赤木 完爾

エージェント―構造問題に関する理論研究の新潮流 
                   泉川 泰博

国際安全保障の理論と第一次世界大戦の勃発――予防戦争理論・戦争のルビコン理論と歴史研究の進展
                   今野 茂充

日米同盟の合理的選択論――理論の政策課題への適用の試みとして
                   福島 啓之

過信のリアリズム試論――日ソ中立条約(1941年)を事例として
                   伊藤 隆太

【自由論題】

イギリスの対外軍事関与と東地中海における同盟――キプロス主権基地領域を巡る議論を中心に、1968-74年
                   伊藤 頌文

【研究ノート】

安全保障研究としての「作戦術」――その意義と必要性
                   北川 敬三

【書評】

上杉 勇司・藤重 博美・吉崎 知典・本多 倫彬 編
『世界に向けたオールジャパン――平和構築・人道支援・災害救援の新しいかたち
                   篠田 英朗

小泉 悠 著
『軍事大国ロシア――新たな世界戦略と行動原理
                   佐々木 孝博

長尾 賢 著
『検証 インドの軍事戦略――緊張する周辺国とのパワーバランス
                   溜 和敏

Tongfi Kim, The Supply Side of Security: A Market Theory of Military Alliance
                   今田 奈帆美


すでに厚生ニュースでもご案内している、定期刊行『国際安全保障』の最新号です。
通常税込価格1,296円のところ、組合員価格1,160円です。
売店においてある既刊目次一覧も更新しましたのでご利用ください。
既刊も在庫がございますのでよろしくお願いします。

2点目。

島嶼研究ジャーナル第6巻2号 島嶼資料センター/A5判/全166頁


1 論説
○国際法と日本領土の問題(下)
                 ラウル(ピート)・ペドロゾ
○占守島の戦闘―第2次世界大戦後の新たな戦争―
                 小松 啓一郎
○無人の小島の法的地位について―慣習法と条約の関係―
                 三好 正弘

2 インサイト
○イスラーム諸国の海域紛争について
                 島田 征夫
○竹島問題と日本統治期の朝鮮水産開発
                 藤井 賢二
○竹島の日本地図についての韓国側の報道・論文に対する反論(6)―2015年7月17日韓国・中央日報報道の地図について(3)―
                 舩杉 力修

3 島嶼問題コラム
○国際判例紹介(10)
ガイアナ及びスリナムとの間の仲裁事件(ガイアナ共和国対スリナム共和国)(2007年9月17日国連海洋法条約附属書Ⅶに基づいて設立された仲裁裁判所判断)
                 下山 憲二

編集後記


こちらも定期刊行物『島嶼研究ジャーナル』の最新号です。
近いうちに厚生ニュースでもお知らせしますが、この記事を書いてる最中に入荷したのでブログで先にご紹介しちゃいます。
通常税込価格1,080円のところ、組合員価格970円です。
こちらも既刊在庫がございますので、ご関心がありましたらお声掛けください。




春ですね!
みなさまいかがおすごしでしょうか。
売店の人は、自宅近くの桜の花が少しずつ開いていくのをみながら駅に向かうのが毎日の楽しみです。

防衛実務小六法 平成29年版
内容現在:平成28年12月1日(この日までに公布されたものを収録)


毎年発刊している防衛実務小六法の新版が入荷しました。
お問い合わせをいただいていたみなさま、大変お待たせいたしました。
平和安全法制に関する改正や、組織改正に関する改正など、広範囲の改正を収録しました。
また、日米ACSAについては、現行協定と未発効の協定を併せて収録しています。

D棟4階売店では、税込定価7,236円のところ、組合員価格6,500円での販売です。
ぜひ実務の際にお役立てください。




























寒暖差のある日が続きますね。
みなさまいかがおすごしでしょうか。

ひさしぶりに新刊のご案内です。

憲法関係答弁例集
内容編者 内閣法制局/解説著者 駒澤大学名誉教授・西 修/A5判/608頁

平和安全法制の是非や自衛隊の合憲・違憲などの議論のために必要な憲法9条解釈についての国会答弁をすべて網羅しました。
論争の争点や防衛省・自衛隊の職務についての政府解釈とその変遷を
駒澤大学名誉教授・西 修氏が解説します。

通常税込み価格¥3,024のところ、組合員価格¥2,720です。

売店での発売は3月3日を予定しています。

皆様のご来店をお待ちしております。



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、本日は新刊2点のご案内です。

国際安全保障第44巻第3号 国際安全保障学会/A5判/全146頁
松岡 広哲/中島 信吾/武田 悠/吉田 真吾/高橋 杉雄/佐藤 智美/斎藤 剛/渡邉 昭夫/
本多 倫彬/上野 友也/中山 裕美/合六 強

恒例の、国際安全保障学会の論文集です。
特集は、「「防衛計画の大綱」の多角的研究」。
目次は上記リンクからご覧ください。

税込定価1296円のところ、組合員価格で1160円です。


論語から人間学を学ぶ』 田村重信/四六判/全288頁

日本論語研究会での講演のほか、ぐんま政治塾、美濃青年会議所、中国儒学と法律文化研究会(中国浙江省義烏市)での講演を収録。
『論語』から人生のエッセンスを抽出、人生を善き方向へ向かわせるコツ、人間学を学びましょう。

税込定価1620円のところ、組合員価格で1450円です。


よろしくお願いいたします。




紅葉がきれいな季節になりましたね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
市ヶ谷駅出口の階段をあがるときに見える紅葉と空のコントラストがきれいで、
売店の人は最近朝の通勤がちょっと楽しみです。

さて、本日は新刊のご案内です。

島嶼研究ジャーナル第6巻1号
島嶼資料センター/A5判/全128頁
island6-1.jpg

1 論説
○国際法と日本領土の問題(上) ラウル(ピート)・ペドロゾ
○東シナ海、南シナ海の領土紛争―全体像から見た島嶼問題― 小野 直樹

2 インサイト
○中国の主張するスプラトリー諸島領有根拠とその検討 塚本 孝
○南シナ海問題の一考察―人工島「軍事化」をめぐる米中せめぎ合いと今後― 竹田 純一
○沖縄返還時における米国と英国の尖閣諸島観 髙井 晉

3 島嶼問題コラム
○国際判例紹介(9)
南シナ海における仲裁事件(フィリピン共和国対中華人民共和国)
(2016年7月12日国連海洋法条約附属書Ⅶに基づいて設立された仲裁裁判所判断) 下山 憲二

既刊号紹介等

編集後記

2013年から定期刊行されている海洋政策研究所島嶼資料センターの論文集です。
最近、おかげさまで第2巻1号、第3巻1号、第3巻2号がそれぞれ増刷されました。
そのほかバックナンバーも在庫あります。
D棟4階にてご来店をおまちしております。


気持ちのいい秋晴れですね。
みなさまいかがおすごしでしょうか。

さて、先日お伝えした、『国際安全保障』のバックナンバーリストですが、
せっかくなのでこちらで公開します。
『防衛法研究』のバックナンバーも作成したので併せてご覧ください。
それぞれ発刊年と特集タイトルが確認できます。
(クリックでPDFを表示。)

『国際安全保障』
kokuan_backno2.jpg



『防衛法研究』

bouken_backno.jpg


個別の目次はどちらも売店にファイリングしておいてありますので、ご覧ください。
D棟4階にてお待ちしております。