オンラインショップに不具合が発生しておりましたが、復旧いたしました。
なおこちらの商品詳細ページからの購入は引き続きご利用いただけない部分がありますが、順次修復してまいります。


テロ特措法―海上自衛隊の給油活動

terror国際テロの根絶と世界平和のために日本ができること

現在の国会における審議が極めて重要なものとなります「テロ特措法」。
同法は、24人もの日本人の尊い命をも奪った2001年の9・11テロ事件と、これに発端した国際的なテロリズムに対し、国連安保理決議を踏まえ国際社会とともに対応すべく成立・施行されたものです。

「テロとの闘い」は、日本の誇りと尊厳、国益を賭けて実施しているものです。この闘いは依然として続いており、アフガニスタンでは、イラクの人道復興支援には参加しなかったドイツ、フランスなども参加し、全世界的な活動となっています。

この本で、テロ特措法および海上自衛隊の洋上給油活動の重要性が理解できます。

内容目次:
・はじめに(田村重信)
・テロ特措法について―「テロとの闘い」と自衛隊の活動
・テロ特措法Q&A
・(参考)テロ特措法成立の経緯
・資料(テロ特措法条文など)
・おわりに

防衛知識普及会 編
10月4日発売開始
定価=525円(税込)
ISBN978-4-931410-17-6
A5判 全72ページ