オンラインショップに不具合が発生しておりましたが、復旧いたしました。
なお引き続きこちらの商品ページからのご利用ができないものがありますが、順次修復してまいります。


『国際安全保障』(第36巻第1号)

36-1top.jpg

※完売しました。在庫はありません。

価格:1,050円(税込) 2008年6月(235ページ) ISSN 1346-7573
特  集:自衛隊の国際協力活動

なぜいま自衛隊の国際協力活動を考えるのか (伊奈 久喜)
自衛隊の国際協力活動と戦後防衛体制の再検討 (佐道 明広)
国際任務と自衛隊
―これまでのレビューと今後の課題― (磯部 晃一)

日本の国際平和協力政策における自衛隊の国際平和活動の位置づけ
―政策から研修カリキュラムにみる重点領域と課題― (上杉 勇司)

国際平和協力法の一般法化に向けての課題と展望
―自民党防衛政策検討小委員会案を手掛かりとして― (秋山 信将)

日韓の国際平和協力活動と軍事協力 (権  泰煥)

自衛隊派遣をイラクで取材して (出川 展恒)

自由論題
「ブラヒミ報告」以降の国連平和活動による「力の行使」の検証
―自衛隊による今後の国際平和協力活動への含意― (須田 道夫)

国際法秩序における国際刑事裁判所の位相
―国家主権原則と国際安全保障の視点から― (田中  誠)

書評
金田秀昭・小林一雅・田島洋・戸?洋史 著
『日本のミサイル防衛
―変容する戦略環境下の外交・安全保障政策』 (柳澤 協二)

春原 剛 著
『同盟変貌―日米一体化の光と影』 (笹島 雅彦)

Richard J. SAMUELS,
Securing Japan: Tokyo's Grand Strategy and the Future of East Asia (道下 徳成)