オンラインショップに不具合が発生しておりましたが、復旧いたしました。
なお引き続きこちらの商品ページからのご利用ができないものがありますが、順次修復してまいります。


『国際安全保障』(第37巻第1号)

37-1top.jpg

価格:1,050円(税込) 2009年6月(114ページ) ISSN 1346-7573
特集:米国新政権の安全保障政策

序文―オバマ政権の安全保障戦略における変革と継続性(高木誠一郎)

オバマ政権の始動と米国の外交・安全保障政策(梅本 哲也)

オバマ政権の国防政策
―「ハード・チョイス」への挑戦―(高橋 杉雄)

オバマ政権の国際テロリズム対策
―ブッシュ政権の遺産の中で―(宮坂 直史)

オバマ政権と日米関係―「変化」と「継続」―(村田 晃嗣)


書評
浅田正彦・戸?洋史 編
『核軍縮不拡散の法と政治』(福田  毅)

同時多発テロに関する独立調査委員会 著
(松本利秋・ステファン丹沢・永田喜文 訳)
『9/11委員会レポートダイジェスト
―同時多発テロに関する独立調査委員会報告書、その衝撃の事実』(春名 幹男)

村瀬信也・洪恵子 編
『国際刑事裁判所―最も重大な国際犯罪を裁く』(田中  誠)

Andrew Oros,
Normalizing Japan:Politics, Identity and the Evolution of Security Practice(宮岡  勲)