『防衛法研究』第33号(2009)

JSDL2009特集=ソマリア沖の海賊と対処活動
防衛法学会 編、A5判・全212ページ、ISSN-0389-4266
※10月5日発刊

新政権の懸案事項のひとつ「海賊対処」についての多角的な論考、「防衛省設置法」「自衛隊法」改正の概要など、読み応え充分です。

=目次=

ソマリアの海賊
―その実態と国連、各国及び国際機関等の対応―

(上野英詞・海洋政策研究財団)

ソマリア沖の現代海賊問題の法的側面
(高井 晉・尚美学園大学大学院客員教授)

ソマリア沖海賊対処活動とその安全保障上の意味合い
(森本 敏・拓殖大学大学院教授)

<論 説>

日本の「宇宙基本法」についての検討 ―国際法戦略論の視点から―
(米田富太郎・中央学院大学社会システム研究所客員教授)

核テロ防止条約の発効と日本の取組
―日本の原子力規制法体系に与えた影響と今後の課題を中心として―

(金子智雄・外務省原子力専門官)

【研究ノート】南シナ海における米国海洋調査船に対する妨害事件
―中国が行った妨害行為の合法性を中心に―

(下山憲二・高知短期大学専任講師)

【研究ノート】自衛隊の国際平和協力活動時における法的制約
(千川一司・航空自衛隊幹部学校)

【判例紹介】イラク派遣差止等訴訟およびイラク名古屋高等裁判所判決
(上中孝文・防衛法学会会員)

【法令解説】防衛二法改正の概要

安全保障関係法令一覧表(眞邉正行、編集部)  ほか

定価=2,100円(税込)