『国際安全保障』第40巻第2号

JAIS40-2.gif

2012年9月30日発売
A5判・全166ページ(税込1,050円)


オンラインストアで購入 


【特集】「保護する責任」のゆくえ
序論:「保護する責任」の実用化に向けて
上杉 勇司
「保護する責任」と国際秩序の進展
篠田 英朗
「保護する責任」と国連システム―普遍的な規範形成とその実施をめぐる諸問題―
清水奈名子
「保護する責任」と法的保護―国際人道法との関係を中心に―
山本 慎一
「保護する責任」と国連平和維持活動―アフリカに焦点をあてて―
井上 実佳
「保護する責任」の概念の現実への適用―国連平和維持活動を通じた武力紛争下の「文民の保護」の議論を中心に―
上杉 勇司

【自由論題】
日本の国際平和協力とロールプレイ―東チモールを事例として―
畠山 京子
北東アジアにおける同盟変革と日韓安保協力
南 昌熙、李 鍾成

【研究ノート】
NATOにおける環境安全保障認識の形成と変容
小田桐 確

【書評】
太田昌克 著『日米「核密約」の全貌』
小谷 哲男
マーチン・ファン・クレフェルト 著(石津朋之 監訳)『戦争の変遷』
坂口 大作
神保謙・東京財団「アジアの安全保障」プロジェクト 編
『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ―地域安全保障の三層構造』
武田 康裕
竹内俊隆 編著『日米同盟論―歴史・機能・周辺諸国の視点』
川名 晋史