『国際安全保障』第40巻第4号

JAIS_40-4.jpg

2013年3月25日発売
A5判・全150ページ(税込1,050円)


【特集】欧州戦術核――役割の変遷と今後
欧州戦術核問題の構図
鶴岡 路人
戦術核と拡大抑止―アメリカ冷戦戦略の「源流」から―
太田 昌克
西ドイツと戦術核兵器
岩間 陽子
ロシアの安全保障政策における戦術核兵器の位置づけと展望
小泉  悠
軍備管理・軍縮における戦術核問題
一政 祐行

【自由論題】
フランスのNATO統合軍事機構復帰を巡る一考察
山本健太郎
カナダはなぜNORADを設立したのか―加米関係史の一考察―
櫻田 大造

【書評】
秋山 信将 著
『核不拡散をめぐる国際政治――規範の遵守、秩序の変容』
須江 秀司
金 惠京 著
『テロ防止策の研究――国際法の現状及び将来への提言』
宮坂 直史
千々和 泰明 著
『大使たちの戦後日米関係――その役割をめぐる比較外交論、1952~2008年』
笹島 雅彦
Victor Cha,
The Impossible State: North Korea, Past and Future
飯村 友紀