防衛法研究【第37号・2013年】

JSDLhyousi-37-HPup.jpg
国際法における領域秩序の現代的課題
第37号(2013年10月)
防衛法学会編
A5判 全208ページ
定価2,310円(本体価格2,200円)


オンラインストアで購入
 


・産経新聞「国民の憲法」要綱提言の背景...田久保 忠衛
・尖閣諸島と日本の領有権―国際法的及び歴史的考察...尾﨑 重義
・いわゆる尖閣問題をめぐる法的課題...潮 匡人
・韓国の竹島領有論...髙井 晉
・国際海峡の法的地位に関する一考察―ホルムズ海峡の検討を中心に―...下山 憲二
・日本の大陸棚延長申請―他国からの意見表明とCLCS勧告―...井内 由美子
・マヴィ・マルマラ号事件の法的考察...小林 宏晨
・我が国の周辺事態への対処法制の概要...防衛法学会編集部
・シリア内戦に内在するグローバルジハードの検証...和田 大樹
・ドイツ防衛憲法における軍人の基本権保障総論
  ―ドイツ基本法における政策形成と解釈論の展開...山中 倫太郎
資料 安全保障関係法令制定改廃一覧表...眞邉 正行・編集部