実務者のための国際人道法ハンドブック 第2版

jindouhou.jpg
鈴木和之 著
A5判 全384ページ
定価2,940円(本体2,800円+税)
ISBN978-4-905285-22-9


好評につき初版完売!
2016年4月7日第二版販売中!
オンラインストアで購入

 


―目 次―
第1章 序論
  第1節 国際関係における武力の行使
  第2節 現代国際法における国際人道法の位置づけ
  第3節 国際人道法の成立と発展
  第4節 国際人道法の基本原則及び派生規則

第2章 国際人道法の適用
  第1節 国際人道法の適用に関する時間的概念
  第2節 国際人道法の適用に関する地理的概念
  第3節 国際人道法の平等適用
  第4節 非国際的武力紛争に対する国際人道法の適用

第3章 戦闘員
  第1節 戦闘員資格と戦闘員
  第2節 戦闘員資格者の拡大
  第3節 現代武力紛争において考慮すべき要員

第4章 戦闘の方法及び手段
  第1節 総則
  第2節 兵器の規制
  第3節 攻撃対象の規制
  第4節 行為に関する規制
  第5節 海戦及び空戦における戦闘の方法及び手段

第5章 傷病者、衛生要員及び死者
  第1節 総則
  第2節 傷者、病者及び難船者の保護
  第3節 衛生要員、衛生部隊及び衛生上の輸送手段の保護
  第4節 死者及び行方不明者

第6章 捕虜
  第1節 総則
  第2節 捕虜取扱いに関する基本原則
  第3節 捕虜の地位
  第4節 捕虜たる身分の開始
  第5節 捕虜の抑留
  第6節 捕虜の逃走
  第7節 捕虜の処罰
  第8節 抑留の終了
  第9節 捕虜情報局及び救済団体

第7章 文民
  第1節 総則
  第2節 文民保護(civil defence)
  第3節 紛争当事者の権力内にあるすべての文民に
  第4節 紛争当事国の領域及び被占領地に共通する規定
  第5節 紛争当事国の領域にある紛争被当事国国民
  第6節 被保護者の抑留
  第7節 情報局及び救済団体

第8章 占領
  第1節 総則
  第2節 被占領地の管理
  第3節 被占領地にある被占領国の財産

第9章 国際人道法の履行の確保
  第1節 総則
  第2節 紛争当事国による履行の確保
  第3節 第三者機関による履行の確保
  第4節 国際人道法違反に対する責任及び処罰

第10章 中立法
  第1節 総則
  第2節 中立国領域及び紛争当事国領域にある被保護者

別紙