島嶼研究ジャーナル第6巻2号

978-4-905285-74-8.jpg


A5判 全166頁
本体1,000円+税

ISBN978-4-905285-74-8

発 行 所 島嶼資料センター
印刷・販売 内外出版株式会社


オンラインストアで購入 
 


1 論説
○国際法と日本領土の問題(下)
ラウル(ピート)・ペドロゾ
○占守島の戦闘―第2次世界大戦後の新たな戦争―
小松 啓一郎
○無人の小島の法的地位について―慣習法と条約の関係―
三好 正弘

2 インサイト
○イスラーム諸国の海域紛争について
島田 征夫
○竹島問題と日本統治期の朝鮮水産開発
藤井賢二
○竹島の日本地図についての韓国側の報道・論文に対する反論(6)―2015年7月17日韓国・中央日報報道の地図について(3)―
舩杉 力修

3 島嶼問題コラム
○国際判例紹介(10)
ガイアナ及びスリナムとの間の仲裁事件(ガイアナ共和国対スリナム共和国)(2007年9月17日国連海洋法条約附属書Ⅶに基づいて設立された仲裁裁判所判断)
下山 憲二


編集後記