国際安全保障 第46巻第1号

kokuan46-1.jpg

2018年6月30日発売
A5判・全158ページ(1,200円+税)


オンラインストアで購入 
 


【特集】「リーダーシップと対外政策変更」

対外政策変更とリーダーの個性に関する諸理論
宮岡 勲

レーガンとトランプ ―比較リーダーシップ試論―
村田 晃嗣

習近平による外交と政治的権威の強化
飯田 将史

プーチン大統領のリーダーシップ ―ロシアの対外強硬路線の行方―
兵頭 慎治

安倍晋三首相と日本の外交・安全保障政策
信田 智人


【研究ノート】

先島諸島をめぐる武力攻撃事態と国民保護法制の現代的課題 ―島外への避難と自治体の役割に焦点をあてて―
中林 啓修

海洋の非伝統的安全保障 ―オーストラリアの脅威認識と対応―
神田 英宣


【書評】

小泉 直美 著
『ポスト冷戦期におけるロシアの安全保障外交』
長谷川 雄之

津山 謙 著
『「軍」としての自衛隊 ――PSI参加と日本の安全保障政策』
加藤 博章

本多 倫彬 著
『平和構築の模索 ――「自衛隊PKO派遣」の挑戦と帰結』
庄司 貴由

ウィリアム・マリガン 著(赤木 完爾・今野 茂充 訳)
『第一次世界大戦への道 ――破局は避けられなかったのか』
大久保 明