国際安全保障 第47巻第3号

kokuan47-3.jpg
2019年12月31日発売
A5判・全134ページ(1,200円+税)


オンラインストアで購入 
 



【特集】「基地研究の先登」


基地研究は何を問うのか
川名 晋史

反基地運動はなぜ起こるのか/活性化するのか? ―トルコの事例の比較分析―
今井 宏平

基地政治とデンマーク
高橋 美野梨

戦略的資産か政治的負債か?
―サウジアラビアにおける米軍基地と基地政治―
溝渕 正季

環境政策と地位協定
―ドイツ連邦における米軍駐留と新たな水域環境汚染リスク―
森 啓輔


【研究ノート】

朝鮮半島有事における在韓邦人非戦闘員退避活動(NEO)に関する政策的研究
松浦 正伸


【書評】

一政 祐行 著
『核実験禁止の研究 ――核実験の戦略的含意と国際規範』
大杉 茂・戸崎 洋史

後潟 桂太郎 著
『海洋戦略論 ――大国は海でどのように戦うのか』
下平 拓哉

津崎 直人 著
『ドイツの核保有問題 ――敗戦からNPT加盟、脱原子力まで』
倉科 一希

P・W・シンガー、エマーソン・T・ブルッキング 著(小林 由香利 訳)
『「いいね!」戦争 ――兵器化するソーシャルメディア』
三谷 文栄