防衛法研究【第44号・2020年】

boueihou44.jpg
【特集】我が国の国際平和協力活動の在り方

防衛法研究 第44号(2020年9月)
防衛法学会 編
A5判/全184ページ/定価2,300円+税

2020年9月11日発売


オンラインストアで購入 
 



◎巻頭言
       ・・・・・浜谷 英博(三重中京大学名誉教授)

特集 我が国の国際平和協力活動の在り方

◎我が国の今後の国際平和協力活動の在り方、方向性について
       ・・・・・佐藤 庫八(千葉科学大学教授)

◎国際平和協力法制の特徴・意義・課題
  -日本の国際平和協力活動の在り方を巡って-
       ・・・・・山本 慎一(香川大学法学部教授)

論 説

◎日本海軍の潜水艦戦における軍事目標
       ・・・・・児島 健介(横須賀市役所・元1等海佐)

◎陸上自衛隊の国際人道法教育
       ・・・・・藤野  毅(元陸上幕僚監部法務官)

◎沿岸国の同意なく実施された海洋の科学的調査への対応
  - EEZ の場合を中心に-
       ・・・・・下山 憲二(海上保安大学校准教授)

◎自律型致死性兵器システム(LAWS)とJus Nascendi
       ・・・・・髙井  晉(笹川平和財団特別研究員)

◎自衛隊員に対する刑事的統制のあり方に関する序論的考察
       ・・・・・瀧本京太朗(防衛大学校公共政策学科講師)

◎感染症対策への国家安全保障的視点の導入
  -日本版CDC の創設に関する提言-
       ・・・・・山崎 元泰(防衛大学校公共政策学科教授)


※今号より『会員動向』を始めました。