オンラインショップに不具合が発生しておりましたが、復旧いたしました。
なおこちらの商品詳細ページからの購入は引き続きご利用いただけない部分がありますが、順次修復してまいります。


国際人道法 入門編

ISBN978-4-909870-34-6.png
鈴木和之 著
B6判 全168ページ
定価:1,650円(本体1,500円+税10%)
ISBN978-4-909870-34-6
2021年4月14日発売

オンラインショップで購入
 

初学者のためのコンパクトで持ち歩き便利な入門書!!

本書では、最初に、国際人道法を学ぶために必要最小限の関連事項(国際法や国際連合憲章等)を簡単に説明した上で、以下の内容を記載しています。

  1. 国際人道法の総則的事項(意義・目的・基本原則、適用範囲等)
  2. 戦闘員に関する事項(戦闘員資格、戦闘の方法・手段等)
  3. 戦闘外に置かれた者(傷病者、捕虜等)
  4. 文民(文民の定義、文民保護等)
  5. 国際人道法の履行の確保(各種履行確保の手段等)
  6. 関連事項(中立法、非国際的武力紛争に適用される法)

―目 次―

はじめに
序 章 国際人道法を理解するために
 第1 国際人道法とは
 第2 国際法とは
第1章 武力行使の禁止とその例外
 第1 武力行使禁止原則
 第2 武力行使禁止原則の例外
  1 個別的・集団的自衛権
  2 集団安全保障
  3 旧敵国に対する行動

第2章 国際人道法の基本
 第1 国際人道法の意義・目的・体系
  1 国際人道法の意義
  2 国際人道法の目的
  3 国際人道法の体系
 第2 国際人道法の成立と発展
  1 第2次世界大戦(年~年)以前
  2 第2次世界大戦以降
  3 陸・海・空における法典化の現状
 第3 国際人道法の諸原則
  1 基本原則
  2 基本原則から派生する規則

第3章 国際人道法の適用範囲
 第1 時間的適用範囲
  1 適用の開始
  2 適用の終了
 第2 地理的適用範囲
  1 基本的な考え方
  2 敵対行為が禁止される場所
 第3 国際人道法の平等適用

第4章 戦闘員
 第1 戦闘員と戦闘員資格
  1 戦闘員資格
  2 戦闘員資格者の範囲の変遷
 第2 傭兵及び民間軍事・警備会社(PMSC)の要員
  1 傭兵
  2 民間軍事・警備会社(PMSC)の要員

第5章 戦闘の方法及び手段
 第1 一般原則
  1 戦闘の方法及び手段を規制する規則
  2 不必要な苦痛の禁止
  3 無差別な攻撃の禁止
  4 背信行為の禁止
  5 自然環境の保護
 第2 兵器の規制
  1 兵器規制に関する規則
  2 通常兵器に関する規制
  3 大量破壊兵器に関する規制
  4 新たな戦闘手段に関する規制
 第3 攻撃対象の規制
  1 軍事目標主義
  2 特別に保護される物
  3 特別に保護される地域又は地帯
 第4 行為に関する規制
  1 背信行為
  2 助命拒否宣言
  3 奇計

第6章 戦闘外に置かれた者
 第1 傷病者
  1 傷病者を保護する条約採択までの経緯
  2 ジュネーヴ第1条約及び第2条約における傷病者の範囲
  3 第追加議定書における傷病者の範囲の拡大
  4 傷病者及び難船者の保護
 第2 衛生要員等及び宗教要員の保護
  1 衛生要員、衛生部隊及び衛生上の輸送手段の保護
  2 宗教要員の保護
 第3 死者及び行方不明者
  1 死者の尊重及び取扱い
  2 行方不明者の捜索
 第4 捕虜
  1 ジュネーヴ第3条約採択までの経緯
  2 ジュネーヴ第3条約及び第1追加議定書における捕虜
  3 捕虜となる権利を有しない者
  4 捕虜の地位が疑わしい場合の取扱い
  5 捕虜待遇の責任及び取扱いの基本
  6 捕虜としての身分の開始
  7 捕虜の抑留
  8 捕虜の逃走
  9 捕虜の処罰
  10 抑留の終了
  11 捕虜情報局及び救済団体

第7章 文民
 第1 文民の定義及びその範囲の拡大
  1 文民の定義
  2 文民たる住民
  3 保護すべき文民の範囲の拡大
 第2 文民の保護
  1 文民の保護に関する一般原則
  2 文民保護(Civil Defence)

第8章 国際人道法の履行の確保
 第1 紛争当事国による履行の確保
  1 国際人道法の国内法典化
  2 国際人道法の普及教育
 第2 第三者機関による履行の確保
  1 利益保護国制度
  2 国際事実調査委員会による調査
  3 赤十字国際委員会の活動
 第3 国際人道法違反に対する責任及び処罰
  1 賠償
  2 「戦争犯罪」としての処罰
  3 個人の訴追及び処罰

第9章 中立法
 第1 伝統的国際法における中立
  1 中立とは
  2 中立国の負う義務
  3 国連憲章下における中立

第10章 非国際的武力紛争に適用される法
 第1 非国際的武力紛争と国際人道法
  1 戦争法と交戦団体承認制度
  2 非国際的武力紛争に対する国際人道法の適用
  3 非国際的武力紛争の意義
  4 非国際的武力紛争に適用される主要な条約
 第2 ジュネーヴ諸条約共通第3条及び第2追加議定書の概要 
  1 ジュネーヴ諸条約共通第3条
  2 第2追加議定書

あとがきにかえて