オンラインショップに不具合が発生しておりましたが、復旧いたしました。
なお引き続きこちらの商品ページからのご利用ができないものがありますが、順次修復してまいります。


島嶼研究ジャーナル第11巻1号

9784909870414.jpg

A5判 全122頁
定価:1,100円(本体1,000円+税10%)
ISBN978-4-909870-41-4
発 行 所 島嶼資料センター
印刷・販売 内外出版株式会社

目次
1 論説
○尖閣諸島に及ぶ日本の主権に関する米国の認識
ラウル(ピート)・ペドロゾ
○中国による南シナ海での違法な人工島建設の法的結果
中谷和弘

2 インサイト
○気候変動が島嶼等に与える影響―国際法からのアプローチを中心に―
下山憲二
○島をめぐる係争水域の共同開発に関する一考察
竹内明里
○2020年から2021年にかけて登場した韓国の竹島海上警備策の特徴
野中健一
○インド洋島嶼国セーシェル共和国とモーリシャス共和国の領土問題とブルー・エコノミーの役割
濱美惠子

3 島嶼問題コラム
○島嶼領土に対する日本政府の基本的認識
髙井晉

編集後記