ヘリコプター災害救助活動

| コメント(0)
heli.jpg

『ヘリコプター災害救助活動 大災害時にヘリコプターを有効に活用するために』
山根峯治 著
ISBN4-931410-82-0
A5判、本文141ページ(一部写真カラー)
価格:1,680円(本体1,600円+税80円)

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から10年が経過しました。この震災により、さまざまな課題が残されました。本書は、阪神・淡路大震災のヘリコプター部隊を指揮し、ヘリコプターのパイロットでもあった筆者が、自らの体験など実例を基にヘリコプター救助活動の実態を赤裸々に述べるとともに、平成16年10月23日に発生した新潟県中越地震において教訓がどのように活かされ、どのような課題がいまだ残されているのかなどについて解説。また今後、防災関係機関が連携して一層効果的な救助活動を行うための各種提案を行っています。 大規模災害初動の救助活動は、各防災機関のヘリコプターによる「Joint Operation」こそ重要であるとの筆者の信念がにじみ出ている関係者必読の書です。

コメントする