安倍政権と集団的自衛権 ―キーパーソンが明かす内幕―

9784909870490.jpg
里永 尚太郎 著
ISBN978-4-909870-49-0 C0031
四六判/全208ページ
定価:1,540円(本体1,400円+税10%)
2022年4月15日発売

『集団的自衛権』の政策決定過程にあったキーパーソンである
麻生太郎、高村正彦、石破茂、中谷元、野田聖子、田村重信、古賀誠のインタビュー

オンラインショップで購入
 



【著者略歴】
1975(昭和50)年生まれ、兵庫県尼崎市出身。
同志社大学法学部政治学科卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科博士後期課程退学。防衛法学会、日本公共政策学会等に所属。
大学院在学時から、小池百合子衆議院議員の秘書を務め、環境大臣秘書官(政務)等を務める。その後は、研究執筆を続けつつ、国会議員政策担当秘書・顧問、シンクタンク主任研究員(JFSS)、企業顧問等を務める。
著書には、『戦後日本政治史―集団的自衛権を巡る論争史の検証を通じて―』、Amazon2部門1位となった『集団的自衛権の行使―憲法・国際法・防衛法制・政府解釈と答弁を踏まえ、立ちふさがる諸問題を考察する―』等がある。


【内容紹介】
安倍政権の集団的自衛権をテーマとして、現代の日本政治を代表する主要政治家等にインタビューやヒアリングした内容を整理した。
別の政治課題にも話題は拡がるが、戦後日本政治史、現代日本政治、自民党政治研究、安全保障政策全般という、より広い視野と観点からも極めて興味深く、今日の時事的ニュースの状況を把握するためにも、理解しておきたい内容であるため、そのまま収録することとした。
(「第2章 キーパーソンが明かす内幕」より)


【目次】
はじめに
集団的自衛権の行使を巡る論争 年表・基本資料
序章
第1章 集団的自衛権の閣議決定プロセス
  第1節 自民党内議論
  第2節 自公協議と閣議決定
第2章 キーパーソンが明かす内幕
  第1節 麻生太郎 副総理兼財務相(元首相)
  第2節 高村正彦 自民党副総裁(元外相・元防衛相)
  第3節 石破 茂 自民党幹事長(元防衛相)
  第4節 中谷 元 自民党安全保障法制整備推進本部事務総長(元防衛相)
  第5節 野田聖子 自民党総務会長(元郵政相)
  第6節 田村重信 自民党政務調査会調査役
  第7節 古賀 誠 元自民党幹事長(元宏池会会長)
第3章 閣議決定後の展開
  第1節 安全保障関連法案の国会審議プロセス
  第2節 その後の展開
おわりに
〝失われた30年〟の先へ (結びにかえて)
参考文献